ツバス ルアーへの目覚め編(2)

2019年6月上旬。

ツバス狙いで神戸の波止に向かう。

この日のタックルは、エギングタックル。
知人からの貰い物だ。

ソルパラのエギングロッドと、
PE0.6号が巻いてあるDaiwaのリール。

勿論、エサ派の僕は今までこのタックルで
エギを投げたことはない。
もっぱらカワハギ釣りに使ってきた(^_^;)

「ルアータックルのみで釣り場に向かう」

かつてこれ程の不安があっただろうか?


忘れもしない、人生を決める入社試験の当日。

地下鉄の駅を降りて地上に出て彷徨う事5分。

ようやく駅を間違えていた事に気づく。

青ざめながら駅に戻り、電車に飛び乗り、
会社に到着した時には、すでに15分遅刻で、
受付のお姉さんに
「社会人の自覚無いねー!」と
抜群の接客スマイルで言われた時でさえ、

ここまで不安にはならなかった。

Tさんに購入をお願いしておいた
爆釣ルアーこと「VJ」を受け取る。

因みにVJとは
バイブレーションジグヘッド
のことらしい。

震えるジグヘッド?
そもそも、ワームってプルプルさせて
誘うもんじゃないの?

手に取ってみる。
カタクチイワシかな?
魚の顔がジグヘッドにプリントされてある。

ワームは白地にピンク。
まるでイチゴミルクやん(^◇^;)。

Tさん曰く、
濁りがある時はこれくらい派手な
方がいいらしい。

でも、こんなイチゴミルク色、
海の中におらんやろー?(^^;)


うん、やはり釣れる気がしない。

が、ここまできた以上もうやるしかない。
まぁ海の前に立つだけでも気持ちいいもの。
気分転換にはなるだろう、と開き直る。

ルアーの準備は、エサのそれに比べたら
もー、それはビビるほどすこぶる簡単!
荷物も驚くほど少ない。

こんなんで釣れてしもたら
「今までの手間は、苦労はなんやったんや?」
ってなる。

人生、近道はなし。
コツコツこそ、勝つコツだ。

そんなハスに構えた中学二年生のように、
ブツブツ呟きながら、タックルを組みあげる。

さぁ、始めようかな。

「Tさん、これ、アクションとか
 どうしたらええんすかね?」

「あ、基本ゆっくりの
 ただ巻きでOKです!」

ウソやろ?

マジですか。

ルアーってピュッピュってしゃくったり
ジャカジャカ巻いたりせなアカンのちゃうの?

ただ巻くだけって、

そんなんあなた、

プラの塊がスーッて動いてるだけやん?

そんなん100%ニセモンって秒で
見切られますやんかー。

不安でチワワのような潤んだ瞳になる。

しかし、
今日のぼくの戦力はこれしかない。

今日はルアーと心中するつもりで
エサタックルは敢えておいてきたのだ。

見よう見まねでとりあえず始める。

ふと、ルアーの動きが気になり、
巻きながら水面を見てみる。

すると小刻みにプルプル震えながらVJが
近づいてくる。

しかも、弱った魚を演出するかのように
途中で適度にバランスを崩す。

「なんやこれ!?」

「めっちゃ魚みたいな動きするやん!?」

「これか?」

「これが
 バイブレーションなんちゃらって奴か!」

「あかん、舐めてた。」

「これちょっと釣れそうな気がするぅー。」

これまであれほど頑なに開かなかった
僕の心のルアーの扉が、ギギっと軋んだ
音が聞こえた。

その時!

「来ましたよ!」

Mくんがいい笑顔で叫ぶ。

まだ、数投しか投げてないはず。

「(え?)」 (´⊙ω⊙`)

驚きで声が出ない。

「25センチくらいですねー」

Mくんが僕にツバスを見せてくれる。


間髪入れずに、

「こっちも来ましたわ」

今度はTさんが同サイズのツバスを
抜き上げる。

「(えぇ?)」 (´⊙ω⊙`)

僕は目の前の現実について行けない。

ルアーやろ?

ニセモンのプラスチックやろ?

こんなに簡単に釣れてええのん?

もしかして、

もしかしてだけど、

「ルアーって魚が釣れるんか?」

そんな、
ルアーメーカーに喧嘩を売り、
ルアー開発者を完全に敵に回す
心の声が思わず漏れる。

錆ついた僕の心のアンチルアーの扉が、
クレ556をスプレーされたかのように、
音もなくスーッと開き出す。。。

目の前の現実を認められない、
いや、認めたくない。

盗んだバイクで走り出しそうな
中2のもう1人の自分が
「大人を信用すんな!」
と、活きエサを振り回しながら
脳内で激しく抵抗する。

分かる、
分かるぞ、
もう1人の俺 (;´д`)。



戸惑いながらリールを巻いていると、

「ガツン!」

突然の強いアタリ。
同時に手元に子気味良いヒキが伝わる。

「え。」(´⊙ω⊙`)

「なにこれ。」

「うそ。」

「こんなに簡単に釣れるの?」

「しかもイチゴミルクやで?」

これまでツバスは豆アジ釣って、
豆アジノマセしてたのに。。。
バカバカしくなるやん。

現実を受け入れたくなく、
再び心の扉を閉じようとしていたが、
それをあっさりぶち壊す
圧倒的な現実。

なんと開始わずか3投目でツバスが
釣れてしまったのである。

錆び付いた僕の心の扉はフルオープン。

中2の僕も無事、卒業。

まさに大人の階段を登った気分。

幸せは「生餌」がきっと運んでくれると
信じていたのに。

「VJ、スゲー!」

なに、このルアー。

これが神ルアーと呼ばれる力なのか!

周りにもルアーマンは多く、
メタルジグなどを放っているが、
明らかにVJを投げている僕ら3人に
アタリが集中している。

その後、アタリはあるものの上手く
乗せられないなか、なんとか3匹を追加。

自分の価値観が大きく変わったことが
実感できた釣行。

まさに、これが僕の第二の釣り人生の
スタートとなるのであった。