ツバス 自信から確信へ編(2)

2020年7月1日

2019年7月初旬、
はやる気持ちを抑えつつ
神戸沖堤防に向かう。

今回はTさんと2人の釣行。

まだまだルアーの事は
疑っているので、、、もとい
よく分かっていないので、
今回もTさんに色々教えて貰おう。

懐かしの河内渡船さんで、沖堤防に
渡してもらう。
20年前の僕には、
まさかルアータックルだけを持って
ここに再び立つ日が来ようとは
想像も出来なかっただろう。

それにしても、久しぶりの
沖堤防は気持ちいい!

いつもなら手前を見ている視線が
今日は遠く大海原を眺めている。

改めて視線が変わったのを
大きく感じる。(●´ω`●)

さっそくタックルをセットする。

本日のタックルは
メジャークラフト 
CROSTAGE CRS-862L
対象ルアーは7〜23g

まさに、
VJを投げるための竿やないかーい。
 ↑
VJ以外のルアーを知らない
♪(´ε` )


リールはダイワの。。。
エギング向けPE0.8号を巻いたもの。
ここはまだ投資せず(^_^;)
リーダーはフロロ5号、
長さは前回の反省を踏まえて
1m弱にしておく。

さぁ、スタートフィッシング!
待ち切れん!!

お手本通り、
垂らしを作り
竿を振りかぶり
水平にした状態から
振り子を意識して。。。。

力一杯、振り抜く!

ドッヒューーーーン


めっちゃ飛ぶ!
気持ちいいー!


着水後、一呼吸置いてから
スローなただ巻き。

ほれ、食え!

・・・



スローなただ巻き。

ほれ、ほれ、
ガツンとこい!

・・・



スローなただ巻き。

ほれ、ほれ、、、、あれ・・・?




釣れんやないかい!

ま、そんなに簡単には釣れんよな♪(´ε` )
前回の成功体験があるので、余裕がある。

気を取り直して、
投げる。
巻く。


投げる。。
巻く。。


投げる。。。
巻く。。。


投げる。。。。
巻く。。。。



。。。

釣れん。ಠ_ಠ



。。。。

おおぉい!

これ、僕が知ってるイメージ通りの
ルアーやないかい!

やっぱりか。
やっぱりこういうことか。

オッサンの純真を弄びやがって。
何がイチゴミルクや。
乙女大好き果肉ごろごろのデザート飲料か!
そんなもん、
イケイケのツバス兄さんが
くうわけないっちゅうねん。


そもそも、
そもそもやで、
ここ、
ツバス兄さんおらんのちゃうんかい!!

・・・
思春期の頃の
甘酸っぱい想い出いっぱいの
キラキラ輝く神戸の海に対して
ひとり毒づいていた、、、その時!


「キタ!」
Tさんの竿がこぎみよく曲がっている。


「この前より一回り大きくなってますわ」
楽しそうなやりとりが続く。

上がって来たのは 30センチ弱のツバス。


あれ?
釣れるの?
ツバス兄さんいらっしゃるの?

なんだ〜
早く言ってよ〜。

現金なもので、
釣り場で魚の姿が見えたら
途端にやる気MAX。
これ、釣り人の共通認識。
知らんけど♪(´ε` )



魚がおるのは分かった。
もう釣れた。(´∀`)


気を取り直して
投げる。

投げる。。

投げる。。。

投げる。。。。


釣れん。。。


そんな中、

「おんなじくらいの来ましたわ」
Tさん当たり前のようにツバス釣る。

あげたと思ったら
「あ、またきましたわ」
と、また釣る。。。

「Tさーーーーーん」
「なんで釣れるんすかー。(;ω;)」

流石にいてもたってもおられず
助けを求める。


ルアーはカラーは違えども、同じVJだ。

「あ、レンジどのあたりやってます?」
「表層アカンぽいので沈めた方が良いすね」

なるほど、タナが違うと。

「あと、今日はチョイ渋いので、
 巻きスピードあげて、
 食わせの間をとった方が良いすわ」

クワセノマ?

「速めのただ巻きした後、
 トウィッチ入れてフォールさせる、
 ですわ。」

????


「やって見せますわー。」
ルアーの基礎を知らん僕に
Tさんが実演してくれる。

投げて、
沈めて、、
ただ巻きして、、、
短くシャクって、、、、
また沈めて、、、、、
からの、ただ巻き

なるほど、この繰り返しね!
短くシャクってから沈めるのが、
クワセノマ、か。


と思った次の瞬間、

「ほら、食った!」

Tさん、また釣る〜(;ω;)


アカン、いてもたっても居られへん。
早く試したい!

教えてもらったアクションを
頭の中で呟きながら、やってみる。


えーっと、

沈めて、、
ただ巻きして、、、
短くシャクって、、、、
また沈めて、、、、、
からの、ただ巻き。

短くシャクって、
また沈めて、

ただ巻きしようとした
次の瞬間。


「ガツン!」


キターーーー!
クワセノマが効いたー!


待ってた、
待ってたでー、
この感触!!

「Tさん、来ましたー!」

嬉しくて波止で叫ぶ。


確かに前回の釣行より一回りデカイ。
引きが強い。

あかん、楽しい。
思わずニヤける。
ニヤニヤが止まらん。
ワクワク汁が溢れてくる。

釣れたのは30弱のツバス。

「やったじゃないすかー!」
Tさんが祝福してくれる。


そこからはTさんほどでは無いものの
ポロポロと釣れ始める。

クワセノマ、なるほどなー。

やっぱりルアー、釣れるやん!
疑ってゴメンやで、VJ。

結果的に僕は、
30センチ前後のツバスが4本で
ストップフィッシング。

Tさんはその倍くらいの釣果をあげていた。

Tさんの釣果。いつの間にかガシラとメバルもゲットしてる!


ルアーで魚が釣れる。

当たり前だが、
釣り方で差が出ることも分かった。

ルアー、楽し過ぎる。

なんでこんなにオモロイんや?

ルアーで釣れることが偶然ではなく、
餌と同じでしっかりしたアプローチを
踏めば釣れるということがわかった。


ルアーで魚が釣れる事が確信できた
記念すべき釣行となった。

次はいよいよ3度目のルアー釣行!
今から楽しみが止まらない。