タコ(ほぼ)初挑戦!(1)

今年はどうやらタコの当たり年のようだ。
例年より一月くらい早いがすでに
大阪湾でタコが好調なのだ。

2020年6月、友人Tさんに誘って頂き、
Mくんと共にタコ釣りに行く事にした。
Tさんはタコのベテランなので、
今回は色々教えて頂けそうで楽しみだ。

僕はここ十数年間タコが「釣れた」ことは
あったが「釣った」ことは無かった。
20年ほど前にパールの頭に掛け針が
付いただけのタコジグで、底をトントン
叩くだけの釣り方で数匹釣ったくらいだ。

釣り道具物置を探したら出てきました(^o^) 懐かしい〜

今はどうやらタコジグではなく、
タコエギが主流らしい。
それも複数付けてジャラジャラと引くとか。
20年も経つと随分スタイルも変わるもんだ。

まずは道中の釣り道具屋Tポートさんに寄って
タコエギなるものを買うことに。
ここは本当に安い。
ピンキリではあるが、安いエギなら1本あたり
200円ほどで買える。
『蛸墨族』なる高めの本命エギを1本と、
根がかり覚悟の安エギを6〜7本、
後はタコエギを複数連結できるスナップと
棒状のオモリなどを買い込む。
レジに向かう途中で、
上の写真のピンクパールのタコジグに被せる
オバQの服のようなタコカバーもあったので
ついでにそれも買っておく。

「ホンマにこんなもんに抱きつくんかなぁー」
と、疑念が頭をよぎるが、ジグで青物を
釣った経験が活きているのか(^◇^;)
今回は、案外抵抗感なく受け入れられた。

あと、You Tubeで見たタコ釣り動画の
影響も大きい。
もうね、簡単に釣れるイメージしかない。
╰(*´︶`*)╯

そんなこんなで、港に到着する。
今回は大阪南港の沖波止に渡してもらう。

1番船が3時だったのだが、混むことを想定
して1時30分に港に集合する事に。

到着したのはさらに早い1時15分。
早〜い。

ところが、ですよ!
何故か駐車場には車がいっぱい。
広い駐車場の1/3ほど埋まっている。

「え、、、、、嘘やろ(´⊙ω⊙`)?」
まだ2時間近く早いんやで?
ハイシーズンでもないのに。

待っている間にも車はドンドン増える。
集まりを見兼ねて船が前倒しになるようだ。
3時の船が2時に出るらしい。

こうなると、港はお祭り騒ぎ。
待ち合わせしている客同士だろうか、
「お前、はよけーへんかったら船出るぞ」
とか、
「船待たせといて?お前何様やねん」
とか、
なかなか軽快なやり取りが行われている。
(^◇^;)

早起きは三文のなんとやら。
とにかく早くきておいて良かった。
やっぱり今年はタコが調子良いのだろう。
すでにハイシーズン並みの混み具合。

余裕を持って2時の船で目的の波止に渡る

待ってろよ!
Tako!
絶対釣ってやるぜ。