初上陸!神戸沖堤 「ミニ波止」(3)

時間も7時を回り、
そろそろチョット焦り出す。(^◇^;)

いい加減、ハマチが釣れて欲しい。

波止の上を見てみると、チラホラと
竿が曲がり出している。

ようやく
ハマチの群れが回ってきたようだ。

右の4人ほど奥の人が掛けた!
ハマチっぽい。
ええなぁ。
( ̄∀ ̄)

続いて、
右の隣の隣の人が掛けた!
やはりハマチっぽい。
え、ええなぁ。
(;´д`)

でもこれ、ええ感じで
近づいてきてる?
ʕʘ‿ʘʔ

そう思った矢先、
今度は右隣の人が掛けた!
ええやん、
これ、
ええ流れが来てるんちゃう?
(๑˃̵ᴗ˂̵)

・・・
隣をチラチラ横目で見る。

(¬_¬) チラ。。。

<心の声>
 ウッヒョー
 曲がっとるー
 グングン、曲がっとるー。
 ドラグ、ギィーーー言うてるー!
 キャー、たまらーん

・・・
なんて気配は全く見せず、
魚紳さんバリの平静を装った顔で
シャクリ続ける。

が、
心臓はバクバク、
ワクワク汁、溢れっぱなし。

シャクる腕にも力が入る。


ジャカジャカ
(食え)

ジャカジャカ
(ほれ、食え)

ジャカジャカ
(はよ、食え)


ガッツーーん!!!

「食っっっった!」




と、左隣のTさんが叫ぶ。



「ゔぇぇぇ?」
固まる僕。

隣のTさんの食っとるやーーーん
(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

おいっっっ!
ハマチっ!
お前、
なに飛ばしてくれてんねん!

イジメか?
イジメなんか?
イジメ、ダメ。ゼッタイ。
(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

僕を飛ばしていったハマチ。。。

ハマチの群れが去ったのか、
ぱったりとアタリが遠のく。

ハマチ祭りに参加し損ねた僕は
寂しさと焦りが募る。


しかし、凹んでばかりはいられない。

ショアジギングは投げた回数が
釣れる確率を上げる。

餌釣りは置き竿が出来るので、
「運」のワンチャンがあるが、
ルアーにはそれがない。
頼れるのは自分の右腕だけだ。

そう信じてしゃくる。

ジャカジャカ

しゃくる。

ジャカジャカ

しゃくる。


釣れない。。。

ここで気分転換にルアーチェンジ。


先ほどの太刀魚にあやかって
ゼブラグローのセミロングを取り出す。


メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ セミロング 40g #7 ゼブラグロー JPSL-40


「食ってくれ。。。」
祈りを込めて大遠投する。

ドッヒューーーーン!

さすが40gのジグ。
気持ちよく飛ぶ。
釣れないモヤモヤを
吹き飛ばしてくれる。


ボトムをとるために、
サミングしながら糸を出していく。

すると、、、
ラインが左に不自然な速さで
スーッと流れて行く。

お祭った?

今日は潮が早いので、
みんなやや潮上に向かって投げている。
その為、ルアーの重さが違うと
お祭りしやすい状況になっている。

あちゃー。。。

ライン、クロスしたんかなぁ。
サミングしてたつもりやけど、
糸を出しすぎたんかなぁ。。。( ̄O ̄;)

隣のTさんに声を掛ける。

「すみません、クロスしたみたいです。」

「え?
 僕のルアー、もう目の前やから
 クロスしてないっすよ?」

あれ?
と、言う事は、その向こうのMくん?


「Mくん、ごめん、クロスしてない?」

「僕のクロスしてないっスよー」


えええ?

ラインは止まらず左へ流れていく。。

と、言う事は。

と、言う事はですよ。
・・・
・・・
・・・
これ、魚か?
(´⊙ω⊙`)

半信半疑ながら、糸ふけをとり
思いっきり合わす。

ガッチーーーン!!!


その瞬間、一気に竿が伸され、
ドラグが悲鳴を上げる。

ギィーーーーーー!
全く止まらない。

ナニコレ?
ナニコレ?

メジロか?

ハマチとは明らかに違う強烈な引き。
波止と並行に真左に走って行く。
止まらない。
やばいーー。

左隣はTさん、その向こうはMくん。
ここまでは大丈夫だ。

問題はその先だ。

その先、波止の1番左端で
ノマセをやっている方がいる。
その浮きが走るラインの目の前に
迫ってきている!

慌てて僕も
魚の動きに合わせて
左に向かって走る。

浮きは目の前だ。

いよいよ、やばい。

竿を出している釣り人に
声を掛けようとすると、
なんと、釣り人がいない。

絶妙のタイミングで席を外している。
海に背を向けて、少し離れたとこで
リュックをゴソゴソしてる。

相変わらず魚は止まらない。

ホンマにやばい!

切れる覚悟でドラグを絞める。

が、間に合わず浮きに突っ込む。



「アカーーーーン!」


心で叫ぶ。


が、奇跡が。

ノマセの仕掛けが張り気味だったのか、
魚がラインに絡む事なく、
ノマセの仕掛けの下を潜って抜けた。

よっしゃ、ラッキー!

ここでノマセの釣り人が気付く。
慌てて竿を持ち上げてくれ、
その下を潜らせてもらう。

助かった。感謝。

ここまでくれば、
いよいよ波止の左端。

もう邪魔するものは何もない。

それにしても引く。

ここまで来たら絶対獲りたい。


慌てずじっくり寄せる。

寄せては出され、を繰り返しつつ、
ついに魚影が見えてきた。


んんん?
なんや?メジロか?

いや、黄色いぞ?

・・・
・・・
・・・!!!

あーーーーー!

シイラや!
本命や!
おでこニョーンや!

全く意識してなかったので
本当に驚く。

Tさんが駆けつけて
タモ入れしてくれる。

一発でタモ入れが決まる。
やったーーーー!

気がついたらシイラ釣れてたw

どうやらフォールで食ってきたようで
合わせを入れる前に、良いとこに
掛かっていたようだ。
もう、ラッキー以外の何物でもない
(●´ω`●)

上がって来たのは70cm弱のシイラ。

人生初のシイラ。
感無量だ。




ここから、潮がやや落ち着き
ハマチが安定して釣れ出す。

イジメを受ける事なく、
僕の竿にもハマチが掛かる。


ワンピッチのショートジャーク、
ジャカジャカ巻き。

ジャカジャカジャカジャカ、
ガッツーン!

この瞬間がたまらない。
ショアジギングは中毒性抜群だ。



しばらくすると、
海面をシイラが回遊し始める。
しばしその姿に目が奪われる。

まさに南国。
兵庫のHAWAII ( ̄∀ ̄)


その刹那。

「キターー!」

今度はMくんの竿が満月のように
曲がり、ギシギシと軋む音が聞こえる。

間違いない。
「ヤツだ、ヤツがきたんだ!」

海の中から
「ハマチとは違うのだよ、ハマチとは」
という声が聞こえる。

奮闘を続け、こちらも無事にタモ入れ。

僕のより一回りデカい70オーバー。
釣りたての魚体が美しい。

因みにこちらのシイラはVJでヒット。
Mくんのこの日の釣果は全てVJ。
まさにメーカー泣かせのアングラーw。


コアマン(Coreman) VJ-22 バイブレーションジグヘッド #012 ピンクヘッド/泉ナイトSP Ver.2
Mくんのこの日の釣果。全てVJ。もう尊敬の域。

その後も順調に釣果を重ねて、
終わってみれば朝の不安は
無かったかのように
良く釣れた日となった。

この日、もう一つ印象的だったのは
僕の右で釣っていた兄さん。

MくんのVJではないが、
この兄さんはオールグローの
ジグパラショート、おそらく20g
だけで、コンスタントにハマチを
上げていた。


メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ ショート タチウオ スペシャルカラー 30g #19 オールグロー JPS-30

何度かルアーチェンジはしていた
ようだが、魚を掛けるのは100%
オールグロー。

うーーーん。
なんなんやろうか?
マッチザベイト?
神戸沖堤防は濁りがキツいから
目立つグローが効くのか?

相変わらず自然界では不自然極まりない
「光る」グローカラーで釣れるのが
不思議で仕方がないが、
最近の釣果、そして本日の釣果から
僕の中でグローカラーは1軍入り、
スタメンカラーに決定した。
╰(*´︶`*)╯

本日の僕の釣果。魚種も豊富で楽しかった。
ハマチ、サゴシは45〜50cmくらい。

今日も良く釣れた。

ルアーにハマって、もう抜け出せない。
(^◇^;)

神戸沖の海に感謝しつつ
初のミニ堤防チャレンジは
大満足で納竿となった。