サワラ乱舞!久しぶりの和田防新波止 (2)

久しぶりの和田防新波止。
コロナで自宅待機が続く中、屋外での
釣りは最高の気分転換だ。
ただし自粛解除になったとはいえ、
まだまだ安心できない状況が続く。
渡船場など一時的に密になる場所もある。
最大限の感染対策をしながら、釣りを
楽しみたいと思う。

ルアーを投げられるだけでも幸せであるが
出来れば何とか1本あげたい。

しかしながら、
周りは全然釣れていない様子。
最近、サワラが上がっているとはいえ、
この釣り場の混み具合からしたら、
釣れてる人は一握りなのであろう。

僕もここまでセットアッパー125sdrを
皮切りに
ビッグバッカー107HW、VJ-28と
投げて来たが全く反応がない。
全てサゴシ、サワラを上げた実績がある
ルアーなのだが、今日は全く反応がない。

そう言えば、これまで70オーバーの
サワラクラスが掛かったのは全て大遠投
した時だった。
手前で釣れるのはだいたい4〜50cmの
サゴシが多かった。

よっしゃ、今回も大遠投してみるかー!

えーっと、飛ばすとなると。。。

こいつ!
初めて使うdaiwa のTGベイト!
先日、久しぶりに会った釣り友達に
最近ショアジギングを始めたと
話したら強く薦められた一品!

早速買ったのだが、、、
高い!
TGなので高いやろうと思っていたけど
やっぱり高かった。゚(゚´Д`゚)゚。

こいつはロスト出来へんやつ。。。
でもビビってたらいつまでたっても
使われへん!

今日こそ出番や!
出でよ、TGベイト45g赤金!
※本当はグローが欲しかったけど
 売り切れていた。。。(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

ビッグバッカー107 と比べてもこの小ささ!

流石、TGだけあってシルエットが小さい。
これは飛びそうや〜!

渾身の力で投げる!

ブッシューーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーポチャ。

いやーーーーーん
飛ぶしー!

しかもルアー小さいから着水時の
紫吹が立たず、どこに落ちたか
分からない。

なんだかイケそうな気がする〜。

勇気を出してボトムを取りシャクる。

また投げる。

シャクる。

投げる。。。

。。。。あたらんぞ。。。


やっぱりそのエリアにあったルアーって
あるんやろなー。
和田防はやはりビッグバッカー107 かなー
と浮気心が芽生えつつある。

いやいや、あんだけ推してくれた一品。
(しかも高かった)
そんな気持ちを押し留めて、渾身の力で
投げる!

いつも通りボトムまで落とし、
しゃくり上げる。

そして、カーブフォール。。。
するといつもと異なり、ラインが
横に流れていく。

あー、息子と祭ったかなー。。。

そう思い隣の息子を見ると、
足元までルアーが回収されている。。。

んーーー?
(´⊙ω⊙`)

と、言うことは。。。
と、言うことはですよ。。。

来てるんちゃうーん!
♪───O(≧∇≦)O────♪

半信半疑ながら、
心臓バクバク、
ワクワク汁モレモレ、

興奮と緊張で手を震わせながら、、
せーーーの、

どっりゃー!

ガッツーーーーーン
・・・
ぎゅぃーーーーん

キターーーー!٩( ᐛ )و
ヒャッハー!

約半年分の青物確定!
めっちゃ引く!
キィンモティィイイイイー!

実はオフシーズンにリールを新調した。
昨年はレガリス5000番を使用していた。
いいリールでお気に入りなのだが、
デカいのをかけた時、リールフットが
グニャグニャするのが気持ち悪く
新たに剛性の高いレグザ5000を購入
していた。
樹脂ボディのレガリスに対し、
金属ボディのレグザ、これでどんなに
デカいのが来ても安心やー!

・・・そのレグザ、期待通りの高剛性。
グニャグニャ全くなし!
しかも金属ボディでも十分軽い。

レグザ5000の方が、これまで使っていた
旧型のフリームス3000よりも断然軽い。
サイズは小さいくらいだ。

左がレグザ5000、右が旧型のフリームス3000
スプール径以外は全て小さい!素晴らしい!

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 レグザ LT5000D-CXH (2019モデル)

レガリスも良いが、メジロ、サワラクラスが
混じる時期はレグザで決定!

レグザ5000を含むDaiwaのLTコンセプト。

まさにジオン並みの
「Daiwaの驚異のメカニズム」である。

・・・
久しぶりに掛けた青物、しかもデカい。
首を振らず、
道中まではすんなり、
手前まで来ると急にやる気出す
この感じ。。

間違いない。
やつだ。
ヤツが来たんだ。

数度のツッコミを交わして浮かす。

魚体が見えて来た。
デカい!
60cmのタモで入るのか不安になる。

しっかり時間を掛けて弱らせる。
息子がタモを持って来てくれる。
息子のタモ入れは、以前1回失敗していて
相当不安があるがここは経験!
やらせてみる。

心配をよそに、
今回はスパっと一発で決まった!
ジグの掛かり所がよく、タモの縁に
引っ掛からなかったのが良かった。
前回の経験も活きているのかも
しれない。

デカい!
間違いなく自己新だ。

脂ノリノリで美味そうやー!

オススメしてもらったTGベイトで
釣れたのも嬉しさ一塩。


【クーポン配布中!】ダイワ TGベイト 45g PH 赤金 【メール便 / 代引不可】

ダイワ(DAIWA) メタルジグ TGベイト SLJ フック付き 45g FPHグリーンゴールド ルアー

サワラの口元を見てビックリ!

リア、フロントフックも完全に口の中。
ほぼ、丸呑み状態で辛うじてジグの顔が
サワラの口元から覗いている。
(写真取れば良かった。。。)
あと少し呑まれていたら、間違いなく
ラインブレイクしていた。

ヤッベー。
高級ジグをいきなり無くすとこやった。
そもそもサワラ狙いに、ジグで、
しかもフォールで食わせるって相当の
リスクやった事に今更ながら気がつく。
(^◇^;)

とにかく一本釣れた。
しかも良型。
自己新の83cm。

一気に肩の荷が降りる。

サワラの血抜き処理をしようとしていると、
長男の声が。

「キターーー!」

うぉ!
マジか!?

長男にはレガリス5000番とソルパラの
ショアジギングロッドMのタックルを
渡してある。
PE1.5のリーダーはフロロの30lb。
そうそう切られる事はない。
ルアーも、信頼厚いビッグバッカー107 。

長男は以前70弱のサゴシは上げている。
その時より明らかにヒキが強いようだ。

ドラグの具合だけを確認して、後は
任せてみる。

「切れるーー!」と息子

「切れへん」と僕

魚は手加減なしで引きまくる。
雰囲気からして同サイズの
サワラっぽい。

「マジで切れるー!」


「切れへんいうてるやろ!
 ・・・
  ・・・
   ・・・・知らんけど。」

「知らんけど、って何なん(怒)!」

・・・

レガリスを見ているとリールフットの
辺りがグワングワンたわんでいる。
しかし、当の息子は余裕がなく、
全く気になっていないようだ。(^-^;

そんなこんなで段々寄って来た。
今度は僕がタモ入れだ。
これをミスると何を言われるか分からない。
緊張が走る。

ルアーの掛かり所を見ると、口元と
エラ下の辺りにしっかり掛かっている。
そうそう外れそうにない。

ここは勝負。
魚の顔を上げさせ、深めに沈めたタモで
一気にすくい上げる。
うまく入った!
自分のこと以上にホッとする。

これもデカい。
79cmの良型のサワラだ。
魚の引きの強さに驚き、
しばし茫然としながらも、
自己記録更新の長男は大喜び。

連発できた2匹。
数cm差で父親の威厳を保てたε-(´∀`; )

次男が悔しがり、この後頑張って
ルアーを投げるもノーバイト。
やはり飛距離が出ないのがつらいところ。
そのかわり、穴釣りで良型のガシラが
ポツポツ釣れたので、本人たち的には
楽しめた釣行となったようだ。

知らん間にたくさん釣ってました( ̄▽ ̄;)
手前の奴で23cm。

僕もその後も気合入れてルアーを
投げ続けるが残念ながらノーバイト。
新波止全体としても、サワラ数本しか
上がっていない渋い釣行となった。

釣果こそ厳しかったが、久しぶりの釣りは
とても楽しかった。
子どもたちが外で遊べて楽しそうなのも
とても良かった。

青物もこれからどんどん良くなるだろう。
次回以降に期待し、納竿とした。

クーラーに入らず現地で真っ二つに。
卵をもってました!
全部、美味しく頂きました!