狙うはメジロ!ミニ波止:神戸沖堤防(3)

2021年2月15日

マズメ明けからのルアーは、
3バイト2キャッチ。

物足りない釣果だが、周りの状況から見ると
まずまずと言ったところか。

ただ、今日は本数こそ伸びていないが、
他のアングラーが上げている魚は
サイズがデカいのだ。

ハマチではなくメジロクラスが
数本上がっている。
羨ましすぎる。

と、いうのも昨年は相当数のハマチを
釣らせて頂いたが、最大寸法は49cm
止まりだったのだ。。。

何とか50アップ、いやメジロを
釣りあげたい。。。

実は本日は秘策を用意してあった。

今夏の沖堤防の釣行ではツバスが乏しく
初めてメクリアジにチャレンジして来た。
飛ばしサビキと舐めていたら、
これが中々どうして難しい。
ちゃんと攻略を考えて仕掛け、タックルを
用意しないと釣れない。
しかも、釣れるとよく引いて面白く、
また食べたら絶品となるとハマらない
わけがない。

そんな思いがあって、本日もメクリアジの
用意をしてきていた。
ほんで、夜明け前からショアジグの合間に
竿を出していた。
しかし、メクリアジのシーズンはもう終盤で
当日はほぼ釣れず、釣れるアジはコアジ
ばかりであった。

しかし、この辺りの情報は渡船屋の
オヤジさんから入手すみで、
「青物回り始めたからアジは厳しいよ」
と、伺っていた。

ここで、エサ師としての本能が疼く。


コアジのみ、青物回る、ルアー渋い。。。


この3つのキーワードから導き出される答え。

そう、
それは「ノマセ」である。

何を隠そう、
僕はルアーこそ初心者であるが、
ノマセはかれこれ20年近くやってきた
ノマセニストなのである。
なんだそれ。(^◇^;)

なので、アジバケツをこっそり持参して
夜明けから隙を見てサビキで釣ったコアジを
セッセセッセとキープしておいたのだ。
・・・本当は夏に味をしめたメクリアジを
釣る為に持ってきたサビキだったのだが。。

ノマセはルアーと比べて段違いに
ヒット率が高い。
いや、ウソーんと思うくらい高い。
青物が回遊していれば相当な確率で釣れる。
ルアーマンが腕が千切れるくらい
ルアーを投げてる横で、
しれっと活きアジのノマセで爆釣して、
ルアーマンの羨望と嫉妬と殺意!?を
感じた事は多々あるσ(^_^;)。

故に、である。

僕がこれまでルアーをやらなかった理由は
ここにある。

何故に簡単に釣れるのに、
無理してルアーで釣るのか?
たしかにノマセやろうと思うと、
ルアーに比べて準備と道具は増えるので
お手軽さではボロ負けだ。
だが、それに有り余る釣果が約束されて
いるのだ。

・・・去年まで、そう信じていた。
しかし、去年の夏にその固定観念が見事に
打ち砕かれる、ルアー爆釣を幾度も
経験してしまったのだ。
それこそ、ノマセの準備がバカらしく
なるくらいの爆釣。
さらに決定的だったのが、「楽しさ」だ。

どちらかと言えば「守り」のノマセに
対して「攻め」のルアー。
釣った感が半端なく高い。
あと、ルアーを選択できる事。
これがさらにゲーム性を高める。

という事で、ルアーどハマり釣り人生が
始まったわけだが、ついに伝家の宝刀を
抜く時が来たようだ。

・・・長くなりましたがそんなわけで
ノマセ、やります!(*´꒳`*)


しかし、ハイシーズンの神戸沖堤防は
混雑が半端ない。
それこそ、隣との間隔は2〜3m。
真っ直ぐ投げられない初心者は恐怖すら
覚える狭さ。
ゆえに朝マズメのゴールデンタイムは
なかなかノマセは出来ない。

しかし、ここミニ波止は
長方形でしかも周囲にテトラ無しなので
360度釣りができる。
ルアーマンは潮通しのいい外海向き側に
ほぼ並ぶので、内海側は空いている。
今は9時30分。
ルアーマンが帰り始める10時ごろまでは
とりあえず、内側に投げることにする。

朝からずーっと沖向き(右)のみ満員。。。内海側(左)はガラガラ。


だーれもノマセなんかやっていない中、
久しぶりに仕掛けをセットして、
内海側に投入する。
久しぶりに眺める浮きの光景。
やっぱり、
イイ!(´∀`)

そうそう、ドラグはユルユルだが、
念の為に尻手ロープもセットしてと。。
俯きながらロープの先をクーラーに
セットしようとしていると…

「ジーーーーーーーーーーっ!」

んんん????

突然の事すぎて頭と心の準備が
出来ておらず、状況が理解できない。

んんんんんん???

いま、「ジーっていった?」

リールを見ると、ラインがビュンビュン出ている。

!!!

来とるやん!

いきなり来とるやん!

投入後3分経ってないで?

もう来とるやん。

ほら言うたとおりやん。(だれにw?)

驚きと喜びでしばし、リールを眺める。

・・・せや、合わせなアカンやん!
もう十分飲んだやろ。

そう思い、竿を手に取り
ドラグを締めながら海のラインの先を見る。

一直線に伸びるライン。

その先にいる獲物。

待っとけよー!
そのアゴ外したるからなー!

そう思い両手に力を込めたその瞬間!!!



『プカー・・・・・・』



大海原に見覚えのある赤い浮きが。。。。


ぅうううーーーオイィィーーー!!!

ウソやろ?
ウソって言ってくれ。。。

ノマセで浮きが一度浮いてきたら、
追い食いがほぼない事は経験上
分かっている。


その一部始終を、後ろでTさんが見ていた。
どうやらドラグ音で気がついたようだ。

「来ましたわ、Tさん・・・」
魂の抜けた顔で僕が話す。


「はい、見てましたわ!」
Tさんもノマセ効果に驚きを感じられて
いるようだ。

それもそのはず、今日は朝の5時前から
かれこれ5時間近く投げて、数バイト。

それが、潮通しの悪い内側で
しかも投入後1分でアタリ。

魚はいる。
しかし活性が低い。
そのヤル気スイッチを、活きアジくんは
一発で入れたわけだ。

「僕もノマセ準備します!」

Tさんもノマセ仕掛けを作り始める。

「今日は絶対ノマセっすよ!」

僕も声をかける。

ルアーマンが帰るまであと15分。
いよいよこれからノマセ祭りが始まる。

ノマセの思い入れのあまり
長くなっちゃったので・・・

続く( ̄▽ ̄;)

<LINEスタンプ作りました!>
 よろしければご覧ください。(^^)
「ときどき煽るアオリイカ 40種」

https://line.me/S/sticker/14346847/?lang=ja&ref=gnsh_stickerDetail

本日もご覧いただき、
ありがとうございました。

本ブログでは、ブログランキングに
参加させていただいております。
よろしければ下のボタンをクリックして
応援いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村