新調クーラーのジンクスは?和田防新波止編(1)

2021年2月27日

でかいクーラーに新調するとボウズになる。
果たしてこのジンクスは証明されるのか?
ドキドキしながら新調したクーラーを持って
2020年秋、再び和田防は新波止に挑む。

今日はTさん、Mくん、Oさん、Sちゃんと
久々のフルメンバーでの参加。

今回も狙いは太刀魚、青物だ。
最近の釣行パターン通り、
暗いうちはキビナゴで太刀魚、
朝マズメはルアー、
昼前からノマセの満喫コース。
ただ本日は朝から爆風との予報。
早めに勝負をつけたいところである。

まずは、太刀魚から。
前回まではシンキングのかっ飛びボールと
お手製ワイヤー仕掛けで挑んできた。
が、全く釣果が上がらないので、
今回は仕掛けを変えることにした。
まぁそもそも周りでも太刀魚が全く釣れて
いないので、仕掛けの問題ではない気も
するが。。。(^◇^;)

僕は基本的には、極力自然の状態に
した方が魚は釣れると思っている派だ。
「ルアーなんか釣れるわけない」と
ずーっと敬遠していたのも、
この考えのせいだ(^∇^)

まぁその考えは間違いで、ルアーは
状況によっては餌よりも釣れる事を
身をもって痛感したわけだが、
今回は原点回帰してみる。

仕掛けはシンプル。
リーダーの先に極小のサルカン。
そこから1mほどとったハリスがわりの
ワイヤーの先端から5cmの辺りに
管付き針を結び、さらに先端に
アシスト用トレブルフックを結ぶ。
ちょうどヒラメのノマセ仕掛けを
ワイヤーで作った感じ。

これにキビナゴをつけて漂わす。
ノーシンカーの完全フカセ。
ケミも小さめの37mm。
流れがあるとキツイが、緩ければ
いい感じにキビナゴが沈んでいく。
キビナゴもお手製塩締め品。
何度も投げるのでエサ持ちが良いように
釣具屋などのものより、きつめに水分を
抜いている。

さぁ行ってみよう。

ワクワクしながら第一投。

タックルはライトなシーバスロッドに
2500番のリール。
PE0.8号に、浮力を持たせるために
リーダーは太めのフロロ8号。

いい感じに馴染んでいく。

数等目に、手元に子気味いいアタリ!
合わせると一気に走る!
あ、これは間違いなく太刀ではなく魚。

おそらくSABA サバ。

んんー?

とは言え、よく引く。
ややキツめの設定のドラグがギーギーと
鳴りラインが出て行く。
そうそう切られるタックルではないので
安心して対応する。
心地よいやり取りの末、上がってきたのは
40前後の見事なサイズのサバ。

その後、アジもキビナゴで釣れました。

サイズで言うとツバスじゃなくハマチサイズの
大サバくん。(^-^)
そりゃー引くわな。
しかも身が厚くてめちゃくちゃ脂乗ってそう。
これはラッキーな1匹。

急いで餌を付け替えて投げ込む。

また当たる!
だいたいケミの灯が視界から消えるかどうか
くらいのあたりで食ってくる。
上がってきたのはプリプリの同サイズのサバ。

実は本日は、朝から爆風になる予定で
いつもより釣人が少なく場所に余裕があったので
浮き釣りの仕掛けも投げ込んでいた。

そちらも同様のタナに合わすがアタリがない。
改めてフワフワフカセのパワーを感じる。

そんな感じで、まぁ釣れる釣れる。
釣れるサバは全て40オーバー。
よく引いてめっちゃおもしろい。
ライトタックルなので魚が走るたびに
ドラグがギーギーでて引きが心地よい。
後半は活性が上がり、ケミが横に走るのが
見えるようになるくらい。

サバを交わしてさらに落とすと
今度は20cmクラスのアジが釣れる。
ノマセの餌にするのにはちょっとデカイので
これは締めてキープとする。

そんなこんなで明け方までには二桁越える
サバが釣れた。
ある意味太刀魚より魅力的なターゲットで
あり、結果オーライではあったが、
やはり今回も太刀魚は釣れなかったのである。。。
一体全体どうしたのだ、太刀魚よ。。。

夜明けと共にルアーに切り替える。
こちらもいつものごとく、
定番のローテーションで臨む。

この日は幸先良く、
朝マズメのセットアッパーにサゴシがヒット。
カラーはレーザーマイワシ。
しかし後が全く続かない。。。
その後、ジャックアイマキマキにもアタリが
あったものの乗らず。

予報通り風が強くなってきたので、
早めにアジの確保に向かう。
水面もだいぶバタついてきた。



子アジは好調に釣れる。
今日はTさん、Mくん、Oさん、Sちゃんと
フルメンバーでの参加。
ノマセ初体験組もいるので、何とか釣って
貰えるようにアジバケツ2つを用意して
潤沢にアジを確保する。

人も少なくなってきたのでノマセを開始。
しかし、この日は全く誰も当たらない。
風があまりに強すぎて、投げた仕掛けが
すぐに手前まで押し戻される。
アジもおそらくラインに引っ張られて
不自然な動きになっているのかもしれない。

それにしてもノマセでアタリが来ない
なんて。。。
しかも竿をみんなで5本も出しているのに。
まさかの展開である。(゚д゚lll)

そんな状況の中、僕に待望のアタリ。
引きからして間違いなくメジロクラス。
これはもしかしたら最初で最後のチャンス
かもしれない。
丁寧によせて無事ネットイン。
いいサイズのメジロだった。
※写真撮り忘れ
魚がいる事が分かり、一安心。

しかし、後が続かない。
風は強くなる一方で、和田防の新波止には
西側に低い壁があるのだが、その壁を
越えるような波が時々やってくる。
ここにはもうかなり通っているが、
そんな状況は経験した事がない。(´⊙ω⊙`)
もう釣りをするのも困難になってきた。

まだ時間はあるが昼前の便に変更して
帰ろうか?と言う話すらで始める。

とりあえず船着場の灯台に行けば
どこかが風裏になるはず。
他の釣り人も早々に帰って空いていたので、
帰ることも想定してそちらに移動する事に。

結果的にこれが大当たり。

いつもは見向きもしないポイントだが、
風裏という理由で、まずTさんがノマセの
竿を出す。

僕はと言うと1本釣れている安心感と
諦め気分からちょっと様子見。

すると、まさかの展開が。

いきなりTさんの浮きが消し込む。
慎重にやり取りして上がってきたのは
見事なメジロサイズ。

爆風+高潮のなか、見事な1本!
これでみんな、またやる気でる(^-^)!
66cm! いいサイズ!


マジか!?
と俄かに盛り上がりを見せる分かりやすい僕ら。

しかしあれだけあったアジも、頻繁な
打ち返しでどんどん死んでいったため、
残り数匹となっている。。。
慌ててサビキを始めるも既に群れは
どこかに移動しておりアタリなし。。。

ここからみんなで協力して、風裏の
ポイントを交代で攻める事に。

実はルアーマンも同じく風裏を求めて集まって
きており、釣る場所が狭くなっていたのだ。
困った時はお互い様、譲り合いで釣ることに。

そこから連発。

Mくん、Sちゃんと、連発でノマセでゲット。

Mくん、ナイスサイズのメジロ!

しかもSちゃんが寄せてきたメジロの後ろには
さらにデカイメジロが。
ダメ元で僕のアジを目の前に放り込むと。。。

なんと!

帰りかけたメジロがUターンして戻ってきて。。

食った!

目の前、足元でアジを丸呑み。

ここで余計なスケベ心が。(*´ω`*)

このままではすぐに取り込めて
面白くないので、合わさずに糸を出し
走らす事に。

よーし、ええ感じに走ってるー。
もっと行け〜!

そう思っていると、急に糸が止まる。

!!!!!?

あれ?

もしかして?

嫌な予感が。。。

するとその直後に浮きが十数m程先で
プカーっと。。。

うそやーん。
吐き出したーーーーー(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

ということで、この日最後の貴重なアタリを
無駄にしたところで、この日は終了となった。

生粋のルアーマンのOさんは最後まで
ルアーに拘り、渋いなか最後の最後に見事
メジロをヒット!

Oさん、ついにルアーで掛けた!
波止の上は左側からの波でビシャビシャ。。。
デカイ。
なかなか寄ってきません。
見事な1匹!

ちなみに僕の本日の釣果はこんな感じ。
サイズはちゃんと測れていませんが、
サバは40前後、サゴシが60弱、
アジが20前後、メジロが70弱でした。
サバが数が釣れたので、新調クーラーに
した甲斐は一応ありました。(^∇^)
釣れないジンクス敗れたり!♪(´ε` )

サバが旨そうです!
因みに2桁以上釣れたので、皆にお裾分けしました。

帰りの船は怖いくらいの大揺れ。
風ボーボーの、最悪のコンディションで
あったが、何とかみんなメジロが釣れたので
楽しい釣行となった。

本日もご覧いただき、
ありがとうございました。

本ブログでは、ブログランキングに
参加させていただいております。
よろしければ下のボタンをクリックして
応援いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

<LINEスタンプ作りました!>
 よろしければご覧ください。(^^)
「ときどき煽るアオリイカ 40種」
https://line.me/S/sticker/14346847/?lang=ja&ref=gnsh_stickerDetail

「動物のバクのスタンプ 40種」
魚と関係ないですが(^◇^;)、
動物も好きなもので描いてみました^_^。
https://line.me/S/sticker/14448189/?lang=ja&ref=gnsh_stickerDetail