ノマセ、コブダイにはこのリールが絶対オススメ!

これまで淡路島や神戸沖堤防で、青物や
コブダイを釣ってきたが、今回は僕の
こだわりのタックルを紹介したいと思う。

2021年2月に仕留めた75cmのコブダイ


特にこだわりがあり、オススメしたいのが
リールだ。
僕が専ら愛用しているリールはフロントだけ
ではなく、リアにもドラグが付いている
タイプのリール。

初めてリアドラグ付きのリールを使ったのは
15年前くらいにアオリイカ釣りにハマった時。
実はアオリイカのアジの泳がせ釣りに初めて
挑戦した時は、普通のフロントドラグタイプで
ドラグを緩め損ねてバラシを連発した。

その時に同行者が使っていたのが、
Daiwaのリール、アオリマチックだった。
リールの後方に付いているクラッチレバーを
ワンタッチするだけで、ユルユルなドラグと、
適度に効かせたドラグを瞬時に使い分けていた。

その光景が衝撃的で、翌週にすぐに釣具屋へ
買いに行ったのを覚えている。

このリアドラグタイプだが、ダイワ のリール
などでは商品名の最後に「BR」がついている
タイプがそうだ。
このBRは、Bite 'N’ Run の略で、
つまり、食わせて、走らせるための専用リール。

通常のフロントドラグだけでノマセなどを
やろうとすると、置き竿時に魚に竿を持って
いかれ無いようにする為に、
ドラグはキツめにしたままベールを倒して
完全にフリーにするか、
ドラグをユルユルに緩めるかにすると思う。

前者だとベールを倒せばすぐにドラグを
効かせたやり取りが出来るが、ベールを倒した
ままの状態にして待っていると、潮や風で
どんどんラインが出ていく。
後者だと、潮や風ではで無いくらいの負荷に
設定できるが、魚が掛かってから慌てて
ドラグを閉めねばならない。

このゆるゆる状態のドラグ設定と、魚を掛けた
あとのやり取りをするメインドラグ設定を
リアドラグとフロントドラグそれぞれ設定し、
BRクラッチレバーでワンタッチで切り替え
られるのがBRタイプのリールだ。

リール後方にBRクラッチ(可倒式レバー)が
ついていて、これを後方に倒すとクラッチが
オフになって、リアドラグのユルユル状態で
ほぼフリーに。
魚が食い付いて引っ張ったら、ラインが
ノンストレスで、出放題になる。
ゆえに、食わせた時に違和感を与えて
吐かれるリスクが非常に低い。
ここ、めちゃくちゃ重要。

魚が走るとラインが引き出されスプールが回り
ドラグ音がなるので気がつく。多分(^_^;)。

そのタイミングでロッドをつかみ、
リールハンドルを回すと、自動的に
BRクラッチがオンになってラインの出が
ストップ。メインドラグに切り替わる。
ここも、めちゃくちゃ重要。
それ以降はメインのフロントドラグ機能で
ラインの出し入れを調整。

なぜ、ノマセ、コブダイに重要か、
もう気がついていただけたと思う。

青物ノマセの場合。
待っている間、余分な糸フケが出ないこと。
違和感なくしっかり飲ませて、走らせられる事。
ワンタッチで即、戦闘状態で合わせられること。

コブダイの場合。
さらにBRの効果が期待できる。
待っている間、余分な糸フケが出ないこと。
ワンタッチで即、戦闘状態で合わせられること。

この、即、戦闘状態が非常に重要。
コブダイはとにかく最初が勝負。
如何に根に入らせず、走らせず、浮かせるか。
置き竿にしている場合、ベールを倒して
リールのドラグもガチガチにしていると、
竿がロケットのように飛んでいく。
尻手ロープなどを繋ぎかろうじて抑えても、
ラインが波止際に擦れて高確率で
ラインブレイクする。
かと言って、リールのドラグをユルユルに
していると締め込んでいるうちに根に
入られて、これまたラインブレイクする。
故に、アタリの最初の瞬間のみ波止際で
ラインが切れない分だけ糸を出して凌ぎ、
その後は即、ドラグフルロックの戦闘状態
で戦えることが重要なのだ。

そんな経験から僕は、青物のノマセと
コブダイ狩りにはBRタイプのリールを
使用している。

ここで僕が利用している愛用のタックルを
ご紹介します。

メインの相棒。
カストキング(KastKing)
Sharky BaitfeederIIIの4000番。
最大ドラグ12kgの頼れる相棒です。
予備のスプール付きだったので、
PE2.5号と、ナイロン10号を巻いた
スプールを使い分けています。

2年前にAmazonで5〜6000円くらいで
購入したのですが最近では入手困難な模様。
5000番をもう一個買っておけば良かったと
最近になって後悔。。。


そんな中、
最近見つけたリアドラグタイプの
リールががこれです。

i-loop スピニングリール リアドラグ
こちらも予備のスプール付き。
僕が買ったのは6000番ですが、
何と3800円。
やっすーw。
予備のスプールはプラ製なので怖くて
使っていません。(^◇^;)
リアドラグの微調整がややイマイチですが
コブダイ釣るなら十分なリールです。

因みにこのリールで仕留めたのがコイツ。

72cmのコブダイ!

ほかにオススメと言うか、
僕が次に買いたいと思っているのは、
ダイワ 19アオリマチックBR LT3000
これまでのアオリイカモデルはドラグ力が
2〜4kg程度と弱くて、青物はともかく
コブダイには使い物にならなかったのだが
このモデルはなんと12kg!
めっちゃ欲しい。
ただ、3000番と言うのが残念。。。

あとは
ダイワ リーガルプラス BR 5000BR
これはカープフィッシング用みたいですが
十分使えそう。
値段も手頃なので欲しい!

僕はもうリアドラグなしの青物、
コブダイ釣りは考えられません!

機会があればお試しください!